男にとってのウェブ解析士

データが可視化されて取得できるウェブマーケティングの

世界は今となっては当たり前だが30年前には存在してなかった。

マス広告ではTVCMのGRPや雑誌の公証発行部数だったりがマーケティングの指標であり、それらと商品やサービスの売り上げなどといったKGIが必ずしも直接結びつけることも無かったのだ。

 

ところが今は可視化され、取得されるデータが多いため

データに過敏に成り過ぎたり、データを意識していても

活用の仕方が分からなかったりといった現状が多い。

 

そのような中、基本中の基本がウェブ解析士だと思う。

ウェブ解析士を取る時間、その気があれば取って損はない

どころか、まあ役に立つと思うんだなぁー。

2018年6月16日 CMOやCDOって実際どうなのか?

世の中ではCMO(Chief Marketing Officer)が必要だと言われて久しい。またCMOの後にCDO(Cjief Digital Officer)が必要

という議論まで起こり言葉先行で節操ないことこの上ないと思う。つまりいろんな会社があるが、会社の戦略を立てる上で

全ての部門を横串で見る人なんて居なかったのだ。CDOに至っても単なるデジタル部門のトップで下手すると情報システム

から任命されていたり。要するに理想的概念がポジション名になっていて、それに相応しいキャリアを積んだ人は殆ど居ない

のである。少なくとも自分はCMOに出会ったことが無い。残念だけれども。

で、何が言いたいか。ウェブ解析士はそのキャリア積んでいけばCMOやCDOでも何でもなれるんじゃないかってことです。

逆にウェブ解析を知らずしてCMOやCDOになる場合はあるのかな?ま、自分で解析しなくてもウェブ解析結果の意味が

分かればいいですけど。USJのCMOだった森岡さんは実際に成果を上げたCMOの筆頭らしい。

彼が独立して作った会社「刀」はどうなんだろう。まず、最新の彼の書籍を読んでみよう。

マーケティングの覚悟は、組織変革と共にあるってタイトルには分かるものがある。

現在、CMOやCDOのタイトルの方で、自分は成果出してるよっていう方がいたら、教えてください!

リアルもオンラインデータも見て会社として統合マーケティングを実施して結果出している方、お願いします。

で、そのような方はウェブ解析士とどういった付き合い方してるのか、教えて欲しい。

2018年6月20日 今日は、私の給料日です。

先日、CMOやCDOって実際どうなの?ってこと書きましたが、いきなり本日、その肩書の実践している方が出現し恐れ入った

次第です。かつて大学生時代に同郷出身の学生寮にて同部屋で過ごした先輩が某社役員となりデジタルトランスフォーメーションの先導として活躍され、今後も壮大な構想をお持ちであると聞き、超タイムリーかつ私の人生にて衝撃が走りました!!

2018年6月21日 昨日の衝撃、冷めやらず・・・・

日々、着々と仕事をして行くことが後々大きな仕事ができる環境を創る。当たり前のことだけれど中々できない。

努力は当然必要だろうが、それ以上に運や縁も物を言うだろう。ただ努力で成功確率を上げることはできると思う。

私も今、目の前の大切な仕事をキッチリやって行くだけだ。その他では人とのつながりと勉強習慣を大事にすることか。

2018年6月24日 自宅スタディールーム写真です。

ウェブ解析士や上級ウェブ解析士の資格取得の勉強をする際に使ってきた自宅マンションの共有スタディールームです。

このようなブースが幾つもあり、22:00まで使用できる。

土日は混んでいる場合もありますが、そんなに待たずに使用できている。超集中できるのがありがたい。

自室だと犬がうるさかったりするので、このようなスタディルームがあると助かる。

今日はGAIQ受験準備のために使用中。6月中にGAIQ取得せねばならぬ事情があるのです。7月に会社でマーケティングチームができ、そのメンバーたちの殆どが外国籍バイリンガル、トリリンガルかつGAIQ保有者のため私もGAIQ取得必須なのです。もちろん上級ウェブ解析士資格は役立っていますよ!それに加えてGAIQ取得でチーム力アップします。

2018年7月17日 京都出張プレゼン修了!

写真は弊社京都オフィスが入っているビルです。

京都は殺人的猛暑と聞いていたが、弊社京都オフィスは冷房がキンキン

に効いていて猛暑を全く感じさせない寒さだった。

外気温も暑かったが殺人的とまではいかず、なんとか乗り切れた。

プレゼンの結果は今一つだったが、お得意さまであるお寺の住職の話が

聴けたので、まあ人生的には良かったんだと思う。

京都のオフィスは人数が少ないけれどもスペースは広く、良い立地のようで快適な感じだった。うちの会社は何処の拠点も良い立地のイイ感じのオフィスだよねー。ホントにそうだわ。

ただ、今日残念なのは祇園祭だったらしいが、その風景を全く見ていないことだね。祇園祭だと知らないままに帰ってた可能性すらある。

男にとってのウェブ解析士っちゅうのは、仕事が忙しくても祇園祭くらいは眺めるゆとりと粋な感性が必要だってことだ。

ウェブ解析という地道な、一見面倒な仕事をするからこそ、感性やゆとり、遊び心が必要なんだと思うのですよ!

あと住職の言葉で「信頼は時間」というのがあったが全くそう思う。

そうじゃない逆のパターンを見てきたこともあって痛感したがな。

スピード、スピードでガッツいてはいかんのよね。

いろんな意味で深~イ京都出張でした。

2018年7月24日 ついに9月に、ウェブ解析士マスターコースが始まる!

ウェブ解析士協会のサイトをチェックしたところ、9月にマスターコースが開講する。聞いてはいたが実際の募集が始まると

覚悟を決めて参加するか否か決定せねばならない。10名募集なので、あまり迷っていると満席になってしまう。

値段も結構高いんだが、もはや値段の問題ではない。チャンスの問題であるからして!

2018年8月14日 マスターコースは既に申し込んだ!

資格の勉強は、本当に役立たないモノでなければヤル必要は無い。学生時代に資格を取ることでモチベーションが上がったり

履歴書に書けるっていうのはありだと思う。自分もそうだった。しかし社会人となってしかも良い年になれば資格は余程役立つモノでなければ意味が無い。ウェブ解析士マスターは、その凄絶さからスキルと濃い人脈が得られるため十分にペイする。

当然、自腹で己のために受講する。己の将来のため、実力のための受講である。志を同じくする受講生との出会いが大いに楽しみです。今から1か月後だなぁ~。大変になりそうだけど頑張ろう。

2018年10月1日 ウェブ解析士マスターコースに関して

いや、ウェブ解析士マスターコースは女性も受講しています。しかしコース内容が猛烈に濃く、スピード感もハンパないので

男の中の男(女性でも)でないと乗り切れない感じなのです。覚悟を持って時間を確保し、タイムマネジメントを完璧にして

集中力も最大化しないと、到底受からないようです。強敵です。でも為になることは間違いなく攻略すべく立ち向かうのみ。

このような資格試験は見たことも聞いたことも無かった。実践的な資格なので取って終わりではなく、取ってから人生が変わるレベルのものと確信している。というか、自分で人生を更に変えるために必要な資格といった感覚でいる。まだ取得してないけれども・・・。

2018年11月2日 ウェブ解析士マスターコース年内断念

 ウェブ解析士マスターコースには降参。参加して分かったが自分で手に負えるコースではなかった。準備が足りないのと

準備時間があっても取得できる感じがしないので降参するしかない。自分の見極めが足りなかった。年内仕事最優先で行く。

見極めが間違うとスケジュールなど全てに影響が出てしまう。これは反省だな。

2018年12月28日 仕事最終日!

ウェブ解析士マスターは暫く置いておくとして、ウェブ解析の仕事自体は世の中の需要が増加中。ウェブ解析士のニーズも

更に高まっている。中小企業では予算、人員リソースに限りがあるため社長さん自らサイト制作やSNS発信を行っている例が

多く在るのが現状。そういった場合は社内体制の在り方指南から、付き合う広告運用会社まで紹介します。そこから始まる

Googleアナリティクス指南も含めて、中小企業の皆さま、一緒にウェブマーケティングしていきましょう!
来年もよろしくお願い致します。

2019年1月1日 ウェブ解析と共に必要となるデザインの知識、実績

ウェブマーケティングとかデジタルマーケティングといったカタカナ文字は一般的になってきているが、一方でウェブデザインやクリエーティブの話は一般的にはされていない。デザイナー任せの部分が多いと感じている。書籍もあまり出ていないのですよ。ロジカルな話は書籍化し易いし、実際の仕事現場でも説明に費やされるのは殆ど数値目標や、その結果、分析による次なる提案だ。そしてウェブサイトやディスプレイ広告のデザインはデザインパターンとその結果の話となってしまいがちで反射神経は鍛えられるけど中長期のマーケティングやブランディングという視点が抜け落ちている場合多し。

優れたデザイナー自体が世の中に少ないのと、仕事のシチュエーションとして優れたデザイナーに代わって説明できる営業やディレクターが少ないからそうなっている。仕事のレベルや単価を上げていくには、そこまでもキッチリせねばいけません。

2019年1月14日 UI/UXの重要性

UI/UXなどと書くと大それた感じがするが、要は「使い勝手の良いデザインと機能」というだけの事。しかしこれだけシンプルな定義が実際には為されていない事が中小企業のWEBサイトでは多々あるのです。流石に大手企業は整ってきていますが。

私はデザイナーではないのですが、良いデザイン、UI/UXを見てディレクションを実践してきたため、一瞬でお得意様のWEB

サイトがどうあるべきか見極めることが出来る。ウェブ解析士はUI/UXまで踏み込むのが当然です。UI/UXが分からないウェブ解析士はクリープを入れないコーヒーよりいただけません。話が昭和になってしまいました。今年はUI/UXの指南も仕事でしていくことになると思っています。私は一瞬でUI/UXを見極めるので時間短縮に絶大な効果があります。是非、お声がけ下さい。

2019年8月28日 FaceBookでのストーカー対策

FaceBookなど誰でも知人、友人を検索できるのは便利だが、ストーカーからも検索されてしまう場合がある。私がFaceBookなどでブロックしている人は極僅かだが、居る。その1人が先日、わざわざFaceBookのアカウントを取り直して何やらメッセージを送ってきたようだったが、内容を見ずに即効で削除&ブロックした。本来、友人の友人までしかコンタクト取れないように設定してあったのだが、私が仕事で知り合った外国の方々とFaceBookでつながるために設定を緩くした瞬間に送ってきたようだ。かなり暇なんだと思う。対策は簡単で、一切コミュニケーションを取らない事。返信など一切しなければ良いのだ。

関わらなければ煩わされる事も一切無いからである。

2019年11月29日 FaceBookでのストーカー対策その2

前回からだいぶ日が空いての更新だが、敢えて同じテーマで書こうと思う。前回とは別人なのだが、私がFaceBookでブロックしている人物が、共通の知人が私に送ってきたメッセージに知人と写真に写っていたようだ。その知人は一緒に写っている人物が私からブロックされているとは知らないから送ってきていた。「写っていたようだ」というのは私が既読する前にチェックできるので読んだり見たりしないようにしているのだ。これくらい防御はしている。ネットリテラシーやセキュリティー意識はこうして上がっていくのだ。また、そういうメッセージを知人を通じてまで送ろうとするストーカー人間は、かなり身勝手な思考で一生涯直らないものだと痛感します。ちなみに私がFaceBookでブロックしている人物は3人しかいません。

2019年12月31日 今年の最終日

ついに2019年最後の日となりました。感慨深い1年だった。2020年以降、自分がどう生きていくかのシミュレーションをしてきた1年だったと言えます。そしてその結論(明確な仮説)はハッキリと出たので自分の目標は達成できた1年でした。

ウェブ解析士として単独での仕事は一切なかったが、そのノウハウを使った仕事は少しだけ出来た。2020年以降は10倍、20倍の仕事量にしていこうと思う。ウェブ解析は幅広いコンサルティングに必要な1つの重要要素である事は間違いない。

またそのリテラシーを広めていかないとマーケティング関連の仕事が発展していかない。世の中が複雑化し、ヤルベキ事が

多くなり過ぎている昨今、自分の仕事領域を明確に絞り込んだ活動をしないと進歩が無くなってしまう。

2020年1月28日 新型コロナウイルスの蔓延

世の中、次から次へと新しい事が起きます。私も4月からは30年間続いたサラリーマン生活に終止符を打ち、大学の教員になります。その時が来たら正式にここで発表させていただきますが、以前からなりたいと思っていた仕事なのでその機会を獲得できて本当に嬉しく思っています。4月までに必要な勉強やセミナーに参加しつつ、仕事もしつつ忙しい日々を送ることになるだろうが、自分で決めたことで誰からも強要されない世界を創っていくのは楽しみで仕方ない。ただこの時期、インフルエンザや新型コロナウイルスが広がっているのでマスクと手洗いうがいはマメにやっています!

2020年2月5日 昨日のラクスルのTVCMセミナー

自分の嗅覚に非常に感じるものがあってラクスルのTVCMセミナーへ行ってみたが、非常に有意義だった。これは広告業界の人間であれば意識的にウォッチしなければならないものだが、まだ気付いている人は極少数だろう。広告業界の人々は長年やってきたスタイルから逸脱した手法は受け入れがたいのだろうが、感受性が無くなってしまったらやばい。しかしラクスルさんはオープンにセミナーで語ってくれるから流石だと思う。そのセミナーで一つ気付いたことがあったので私からラクスルさんへ提案しようと思っていることがある。早速明日、実施しよう。

2020年3月20日 ラクスルはやはり凄かった!

ラクスルさんのオンラインセミナーに、また参加させてもらったが広告会社に勤めている人々は参加した方が良いと思う。

私のアンテナはかなり鋭くて、ラクスルさんがとんでもなく凄い会社だという匂いがしたのでセミナーに参加したが、もはや

最新の広告会社になっています。大したことないとタカを括っている広告会社の人がいたら、マズいです。自分でオンラインセミナーに参加してみることを強くお勧めします。私は地方のクライアントさんにラクスルさんと組んでTVCMを提案しようと本気で思っています。「ラクスルさんとの野望」というコーナーを新しく作ってみようかと、思っています。

2020年3月21日 大学の授業延期に関して

いくつかの私立大学は入学式の中止発表をし、更に授業開始日を4月末に遅らせる発表を出しています。中には授業開始をGW明けに予定している大学があります。確かに新型コロナの終息を予測するのは非常に難しいので正解は誰も出せる状況ではなく、暫定的な予定を発表しているというのが本音だろう。さて4月から大学教員として某都市へ赴任予定の私だが、引っ越し先の部屋が3月中に空かず、4月にズレ込むのでタイミングとしてはむしろ助かったのだ。これが普通に入学式がありスムーズに授業開始となったら毎日ビジネスホテル暮らしになっていたのである。ギリギリセーフだった。人生いろいろ、あります。

2020年3月29日 大学の授業延期に関して

和光大学は4月20日から予定していた授業開始を5月に入ってからに変更したようだ。この動きは他の大学でも起きる可能性があるだろう。私の赴任先もその可能性が無いとは言えかない。日本はまだオーバーシュートが起きているとは言っていないが日々の感染者数は伸びるばかり。時間の問題でオーバーシュートは来ると思って間違いない。となると現状より行動の自由は制限される。そのための心構えはしておくべし。あまり活動できない上にいきなり寒くなったものだからFaceBookを見ているとギックリ腰の症状が出ている人が多いようだ。私自身も同じです。新型コロナはもちろん、色々なことに気を付けよう。

ウェブ解析士のセミナーや、その他のセミナーはオンラインが盛んに行われていて勉強には良い環境のこの頃です。

2020年4月7日 都市では緊急事態宣言が出る直前に!!

ネット上ではNYでのコロナの惨状がかなり知らされていて、良い意味で危機意識を高めてくれている。NYと東京は似ている部分があるので、二の舞にならぬことを祈りつつ、自分の生活もウイルス対策厳重注意を徹底している。飛沫感染をしないような行動さえして、手洗いを徹底すれば罹らないとは思う。とにかく気を緩めないで行こう。Googleトレンドで「緊急事態宣言」の検索量が都市部で急上昇している。ウェブ解析士たるもの、ネット上の客観的な情報を見極め、落ち着いて対処していきたい。皆さん、共にサバイバルしましょう。

2020年4月24日 長岡入りが延びる

東京だけでなく全国で緊急事態宣言下におかれた現在、私の長岡市への引っ越しも業者スケジュールと共に遅れている。何回も行き来ができないため引っ越しは一撃で終わらせたい。大学の授業が5月11日開始なので、それ以前に引っ越すべきだし、おそらくそれは可能だろう。早め引っ越し業者と最短のスケジュールを見出さねば。さて世の中の活動が非常にスローなのでウェブ解析士としては、ネット上の情報をマメに調査しているくらい。大学の授業に関する情報は各大学のHPでチェックしている。授業だけでなく学生に対する資金援助の話も重要だ。バイトができないので学生生活に支障が出る学生も多いのは想像できる。あらためて教育機関のすべきこと、意義が問われていると痛感している。

2020年5月11日 大学の授業開始!

オンラインの授業が開始されたが、なかなか大変なことが分かってきた。工夫と知恵が必要なのは良く分かった。ある種の

デジタルリテラシーが必要になるだろう。ただ誰でも慣れれば問題ない話。今までの対面での授業の良さと、逆に無くても

良かった部分の両面に気付く貴重な体験だ。歴史的にも改革とか革新といったことは人間の頭で考えて起こるよりも、災害や

疫病、戦争などのインパクトから生じるのだと痛感する。平和で安定していると新しいことに対して組織や社会は動かない。

命の危険や、職を失うレベルの脅威を感じてやっと重い腰を上げる。自分も含めて危機に対してクイックに正しい判断ができる能力を上げていくべきだと思う。

2020年6月15日 ブログのタイトルが合わなくなってきた
このブログを立ち上げて2年が経過し、私の職業も変わり

ブログのタイトルも実際とはかなり乖離が出てきている。

ウェブ解析士の資格は持っているが、仕事内容は大学の教員であり、他の仕事に関してもウェブ解析そのものをしているわけではなく、一部でウェブ解析をしたうえ(10%くらい)でマーケティング戦略をディレクションするくらいだ。
だから現状このブログを正しく言うなれば、「電通OBが
大学教員になった」ということである。修正するのが面倒なのでこのままで行きます。やることが沢山あるから仕方ない。

左の写真は長岡に届いたアベノマスク。東京には2か月くらい前に届いていたが、長岡は今日だった。まあ、ありがたくいただきます。

しかしコロナにも油断できないし、熱中症にも気を付けねばならんのがキツイのお。マスクし続けるのは辛いよ。
新しい情報を得るために、時間があれば様々なウェビナーを見るようにしていて、今日も新規事業開発系のウェビナーを

Zoom予約していたのだが、記録していたURLに行ってみても始まっておらず、メールを探したんだが何のウェビナーだったか思い出せず、結局参加できなかった。
たまに、このようなことがあるので、絶対に見たいウェビナーだけ詳細なメモと共に記録しておくようにしよう。

 

2020年6月19日 異国に過ごしているような長岡です

えー、長岡市で生活をしていますが悪くないです。良い所です。自然が多くて毎朝、鳥の鳴き声で目覚めています。カラスが

多いですね。田舎はカラスが多いのかな、東京にもかなりいたけれども。あとカラスはかなりカアカア、ガアガアと煩く鳴いています。元気があるんでしょうか?まだまだ分からないことだらけです。殆ど新入生と同じレベルです。実際に自分の大学

1年生の時を想い出しています。断片しか憶えていませんが・・・。先日、大学の図書館がやっとオープンになったので入って

本を借りてきました。本を借りられるのはありがたいーーーー!少しずつノーマルな生活へ近づいていっているのを感じつつ
油断はしないで生きていきます。

2020年6月24日 手越くんのYoutube会見

昨夜の手越くんのYoutube会見を観て、彼らしいスタートができたことを感じた。彼とは知人を通しての知り合いだが、言われている通りビジネス感覚は持っていて(芸能界の仕事しかしていないと自分では言っていたが)やる気やビジョンをシッカリと持っている好青年。会見での彼自身の言葉、「いつ死んでも悔いの無いように」、「人生一回きりだから」は全く同感で
彼と仕事をしたいと強く思った次第です。彼の言っていることは的を得ていて、芸能界やTV業界の従来からの崩せない習慣を
自らの行動で突破する意思表示だった。メディアを持つことの重要性を良く分かっている。そしてお金儲けだけでない、世のため人のためになる仕組みを入れなければ続かないことを理解している。Googleトレンドで「手越」の検索量が急上昇しているのが良く分かる。

2020年7月6日 豊かに生きていくためには教養と芸術が必要

美大に職を得てから痛感していることがある。それは日々の中にアートを感じているということだ。モノゴトの色、造形、

雰囲気、意味、それらの解釈、またそれらを人間の手で創り上げる過程、それらを互いに確認し合う人間関係。全ては今までの世界の歴史や文化の流れを汲み取って存在している。経済ばかりを見ていると単細胞な人間に成り下がってしまうという

恐怖がある。だからこそ、自分自身も経済活動をしてアートに費やせる時間と空間を創り出している。その両方をバランス良く人生に配置するのだ。あと計画は大事。全ては戦略と計画で成り立っているから。世の中の変化が激しかろうが、自分自身のブレの無い計画が最重要だ。2025年にはどうなっているべきか、2030年はどうか、万が一実現してなければ代替案は?

これらを常に自分に問いかけている。

2020年8月6日 電通の大先輩、岡康道氏の想い出

岡さんが7月31日に亡くなった。岡さんとの想い出は、電通との想い出の始まりであり、CMプランナーとしての想い出の始まりである。つまり私自身の原点と大いに重なっている。そもそも私が2度目の大学4年生をしていた時に今で言うインターン、

当時では「電通クリエーティブ塾1期生」の応募があり、私はそれに応募して合格、その後3~4カ月、毎週土曜日に現役電通クリエーターの講義と、コピーやCMコンテの演習、講評を受けるという贅沢なものだった。その時に今の重鎮である岡氏、佐々木宏氏をはじめとする勢いのある講師陣と出会ったのである。どの講師の方々も自信と幸運に恵まれているよう見え輝いていた。しかし、その勢いや輝きを自慢するのではなく塾生の学生たちに分け与えようとしてくれるユトリを感じて電通は良い会社だなあ、と感じ入ったものである。その中で、岡さんは不思議なオーラを放っていた。長身でイケメン、男らしさが滲み出る落ち着いた口調、頼ったら面倒を見てくれそうな空気は皆の兄貴分そのものだった。しかし、それだけの輝かしい生活の中に一瞬見える陰りがあるのが不思議な理由だった。岡さんの小説「夏の果て」を読むと、その陰りの意味が良く分かったような気がする。今、ちょうど梅雨が明け激暑を迎えた中「夏の果て」を読むと岡さんの居た風景が断片で浮かんでは消えていく。築地のビルの裏に止めてあった岡さんのシトロエンや、東大先端研の運動場で岡さんがアメフトをやっていたことを自分が先端研の大学院生になって後ほど知ることになったり、岡さんが余った服をダンボールに詰めて送ってくれたり、色々だ。

CMプランナーという経験した人が少ない職種の先輩ということもあり、岡さんのCMプランナー時代の話も自分と重ねて味わえるのだ。特に、特に感じ入ったのは上下巻に及ぶ「ブランド」という本である。そこに書かれたアドマン、CMプランナー、

クリエーティブディレクターとしての葛藤は、全く私自身も感じていたことで読むだけで癒される気がした。今でも読み返している。また残間里江子さんのブログから分かった岡さんの最近の様子で、彼女に大学講師の口を依頼していたという部分に

ハッとした。実際に母校、早稲田と青学で広告の講師を勤めておられたようだ。その気持ちも非常に良く分かる。この激変の

広告業界において、もはやかつて自分の居た場所は無くなった。その経験の意味、価値を今のうちに伝えておきたい魂の叫びから私は大学の教員になったのだから。合掌。

2020年10月17日 八海山を飲んで気持ちが良くなったので想い出話を1つ

まだ次女が幼稚園に通っていた頃、毎日毎朝、幼稚園に送る役目は私だった。いつも通りに次女の手を引いてバス停までの道を歩いていた寒い冬の日。赤信号で立ち止まっていたら、右手の方から見たことのある女性が横断歩道まで向かって来ました。誰だろう?良く知ってはいるけれど想い出せない、近づいてくるその足は細く、特別な儚さを感じさせます。その女性が直ぐ横まで来た時、時間が止まった様な気がしました。顎にあるホクロ、青春時代に憧れだった女優さん、歌手でもある南野陽子さんでした。彼女の視線は前方の横断歩道の先に注がれ、何かを追っていた。そして次の瞬間、彼女の声が発せられた。「お父さん、ダメじゃないのぉ」その先にはごく普通の年配の男性が居り、どうやら南野さんのお父さんの様子。彼女はお父さんに駆け寄り何やら文句を言っています。ああ、ごく普通の親子のシーンだ、と思いました。

南野陽子さん、相変わらずお美しく、遠ざかっていく彼女とお父さんを振り返りながらバス停に向かった記憶があります。

後に次女にそのことを話しても憶えていませんでした。

 

2020年12月7日 煉獄さんと、新庄剛志

鬼滅の刃のメッセージと、新庄氏の現役復帰チャレンジは、この閉塞した世の中に希望を与えてくれる。特に新庄さんは企業に勤めている48歳から見れば奇跡の人だ。普通のサラリーマンでも48歳は晩年だが、彼はプロのアスリートとして再チャレンジをしている。素晴らしい。絶対に合格して現役復帰をして欲しい。その姿を見てみたい。最近、このニュースに勝るものは無い。夢の実現を心底から願っている。

2020年12月10日 来週の長岡は雪、らしい

東京も寒くなってきたが、ついに来週の長岡は雪が降るらしい。授業中の学生さんもそのことを気にしていた。皆、考えることは同じである。生きていく上で、雪は侮れないのです。そして相変わらずコロナの猛威は衰えず、恐ろしい。全く気を抜けない。正月は毎年義理の父母の家に家族で行っていたが、今年は行けないかもしれない。長年の歴史がコロナで遂に途絶える可能性がある。ウェブ解析に関しては、仕事でも授業でも実践が開始されている。予定通りである。デザイナーやクリエイターが普通にウェブ解析を実施し、分析力を上げることができれば鬼に金棒状態になる。これが分かる人は将来性が非常にあると言える。しかし広告のプロでも、この認識が無い人があまりに多いのだ。だからこそ宝の山。しかも地方でのニーズが無限にある。これは実際の仕事を通して確認している。数年前に予感していたことは当たっていた。それに加えてテレビCMの買い付け方、企画の仕方にも革命が起きる。これも広告のプロが気付いていない盲点なのだ。プロって何なんでしょう?長年やっているだけの人は、もはやプロではない。長年同じことをやり続けて安泰だと思っているプロは本当に目出度いと思う。
毎日流れているテレビCMを観て、私はそう感じている。そして、それとは全く違うテレビCMを私自身が創ろうと思うし、

教え子からも新しいCMプランナーを輩出して行きたいと心に決めている。燃えているのだ。だから雪が降っても平気。

2021年1月10日 菅首相と二階幹事長という老害と中国

日本政府のトップを見れば、その国の在り方が分かるというものだ。私の個人的体験、つまりサラリーマン人生からも日本の縮図だったと思う。組織のモラル崩壊が起きて年配者と若者達は共同体意識を持てず、ジェネレーションギャップ以上に価値観の違いからコミュニケーションが取れなくなる。そして組織は衰退の一途を辿って行く。この様子を見てきた私としては日本国が全く同じように劣化し、その根源はトップ人材の老害劣化に他ならない。GoToでウイルスを全国に蔓延させ、現在も外国人の入国を許している。二階と中国政府の繋がりは尋常ではないほど強い。もしかするとコロナウイルスを日本に蔓延させる計画を中国政府と裏で握っている可能性すらある。中国は自ら開発したコロナウイルスなので、共産党幹部達はワクチンなど最初から準備しているのだ。それは既に日本政府のトップ連中にも与えられていると考えられる。米国が分断されつつあるのも中国が巧みに仕掛けている。実は同じ手法で日本も分断化されつつあるのだ。政治の世界だけでなく民間からも中国勢力は日本国内で動き出している。日本の主要部分の不動産買い占めが中国人、中国資本によって始まっているのだ。日本の不動産業者が中国資本から支援を受けて不動産保有者情報を登記簿謄本から取得し、不動産保有者をネット検索して直接コンタクトしている。都内に不動産を所有する私にもそれだと思われる連絡が来ている。個人情報も何もあったものではない。日本政府はこのような中国の動きに全く気付いていない。私はこのままでは中国に乗っ取られてしまうと危機感を募らせている。現在の戦争とは国と国という分かり易い型式ではなく、金と権力で更に資本家、権力者を巻き込んだ勢力と、一般人の戦いになっている。これに気付いている人がどれ程いるだろうか?世界情勢をフラットな視点で眺めてみるのが良い。そうするとシンプルなシナリオが見えてくる。

2021年2月2日 ハマッている勉強
実は現在とてもハマっている勉強がある。これはオンラインで学ぶスタイルなのだが、その教材が著しく素晴らしい。次へ、次へと進みたくなる教材。今までにここまで進めやすい教材には出会ったことが無い。私はノートPCで学んでいるが、モバイルファーストで学べる正に現代の学び方だ。これは2月中に区切りが付くので、いづれ紹介したい。時代が大きく変わっているが教育も劇的な変化が起きているし、良い意味で過去とは全く違う素晴らしい効率、コミュニケーションテクノロジーが出現している。それを自分が味わえているのが嬉しい。もの凄く価値あるオンライン学習を体験している。やはり学べば学ぶほど進化する。自分には学んで成長できる余地が相当あると実感している。これほど素晴らしいことは無い。

2021年3月5日(金)ウェブ解析ウェビナーなどを聴く日々

無料のオンラインセミナーは非常にありがたい。特にGoogleアナリティクスの活用事例、最新情報はウェブ解析士としては必須であり常にアップデートしていなければならない。ウェブ解析士と言わずとも多くのビジネスマンに必須と言っても過言ではないと思っている。ウェブ分析、解析はターゲットユーザーを知るための基本情報で、しかも無料で得られるから宝の山。

これを活用しないのは宝の持ち腐れである。ウェブに留まらずテレビCM企画や、商品パッケージなどへもウェブ解析は重要なヒントを与えてくれる。コロナ禍が継続する中で、日々研鑽を積んでいる。

2021年3月15日 上級ウェブ解析士

ウェブ解析士に関しては上級を取ることで十分だと感じている。マスターは講座に参加したがレポートを出すことが出来なかった。仕事をしているので時間が取れないのだ。そして仕事をして実践で実力が付いていく。マスター講座を受けずして本当の実力が付くしお金も入ってくるのだからマスター講座を受ける理由が無くなってしまった。私の場合、マスター講座を受ける時間とお金は他のことに費やすべきだと判断したので、今後ウェブ解析士マスター講座を受けることはないだろう。ただ若い人達には挑戦して欲しいと思う。ウェブ解析の仕事はマーケティングをする上で絶必の要素だと痛感している。逆にウェブ解析を一切しないでマーケティングの仕事をしている方は何をしているのだろうと不思議になる。

先日、以前WEBサイト開設を指南させていただいた理容店さまのWEBサイトが検索で上がっておらず、見つけられなかったため、いくつかの地元情報サイトにWEBサイトのURLを登録してリンクすることで上位掲載に至った。その後、理容店さんご自身でもリンクの登録をされたようで上位掲載がキープされています。自分の関わった仕事は、時折その後の状況も確認するのが良いですね。日々こちらも勉強です。

2021年3月18日 最近ニュースで知っている方々が謝罪しているのを見て

ここ1~2年、仕事上良く知った方々がテレビやニュースで謝罪しているシーンを良く見るようになった。T新社、オリンピックでの渡辺直美さんを起用した演出の件など。どちらの方もGoogleトレンドで検索数が上昇している。そこで私が感じるのは、私自身も気を付けようということ。謝罪している方々と私は、かなり近い所で仕事をして生きてきた。自分は謝罪するようなことは絶対にしない人間だと思っているが、それでも気を付けないと自分が気付かないうちに誰かを傷付けている可能性はある。こういったニュースを見て批判、非難するのは簡単だが自分を振り返る良い機会になる。慢心はいけない。歳を重ねるにつけ、より一層自らを戒めねば!。

2021年4月11日 祝いごと

入学やら卒業でお祝いごとが世の中には溢れている。花屋はそのおかげで忙しい。コンサルティングも忙しい。大学も新学期の授業準備で忙しい。誰かから強いられるのではなく、自ら忙しいのは良いことです。しかし今日はかなり寒い。4月は新しいことが始める象徴的な月。私も新しい知識を付けるべく勉強をする羽目になったジャンルがある。それは今まで分かっていたが自ら運用していなかったウェブ解析に伴うオンライン広告のオペレーション。これはテレビCMの運用と同時に必要となるスキルなので、いづれにしてもやることにはなる。クライアントさまの要望でやることになるのは喜ばしいことです。